2017/12/30

売掛金はとにかく早く回収する!条件が悪ければ契約しない勇気も大事!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
税理士 涌井大輔事務所の代表税理士。 群馬県太田市在住。 経営支援を通じて、働く人達の笑顔と元気を増やす事に生きがいを持つ、わりとフランクな税理士。お客様直接対応に命を懸ける。 日本政策金融公庫を中心に、創業融資支援では『高確率&低金利&スムーズ』を実現し、お客様から高い評価と支持を得ている。 筋トレ、読書、経営話、ミスド、スタバ、笑顔、ワイン、哲学好きな隠れ情熱男子。判断基準『楽しいかどうか・やりたいかどうか』
詳しいプロフィールはこちら

売上金の回収は2ヶ月後。

売上金の回収は現金で即日。

業種や会社によって売上金の回収のタイミングはそれぞれかと思います。

これから創業・起業する方でも、すでに独立している方でも、事業安定化にむけ検討すべき重要なポイントがあります。

それは、売掛金の早期回収です。

儲かっているのにお金が足りなくなる現象

利益が出ているのにお金が足りなくなり、黒字倒産するという話は以外にも他人事ではありません。

倒産までいかなくても、経営者が苦しむ経営上の悩み上位が「お金がない」です。

利益が出ているのにお金が足りない主な理由は次の3つです。

  1. 売り上げたのにお金を回収できない
  2. 仕入れでお金を使ったのに売れない
  3. 利益が出ても銀行返済でお金がなくなる

特に、「売り上げたのにお金を回収できない」という話は経営のあるある話です。

売掛金をいかに早く回収するかは、経営上の重要なポイントでもあります。

資金改善は売掛金の回収にあり!

事業のキャッシュフローを悪化させる主な原因は「売掛金」にあります。

売り上げたのにお金を回収できない」という状況です。

売り上げてから、売上金を回収するまでの期間をいかに短くできるか、が経営上の重要ポイントです。

ビジネスはいくら赤字でも倒産はしませんが、お金がなくなったらスグ倒産してしまいます。

いわゆる黒字倒産です。

他人事のように思う人もいるかもしれませんが、これは大企業だけの話でなく、中小企業も同じです。

そのため、「いかにお金を手元に残すか」が経営上はとても重要なのです

手元にお金を残す手段として、売掛金を早期に回収する仕組みを作ることも大切です。

可能なら現金販売か前金システムを導入する

業界や業種、会社によって売上金の回収のタイミングは異なります。

もし、どんなビジネスモデルで起業しようか検討中の方は、現金や振込で即金でもらえるビジネス、又は前金でもらえるビジネスを一つの基準にしてみてください

やりたいビジネスをやるのが一番ですが、集金のシステムをなるべく即金に近づけてビジネスモデルを考えます。

いくらいいビジネスモデルを考えても、お金の回収が遅いビジネスは資金不足に泣く可能性が高くなります

もし、前金が難しければ納品時にはお金をもらえるように交渉しましょう。

支払いが遅い契約は断る勇気も必要

もし、契約できそうな会社から、「うちは末締めの2か月後払いでないとお支払いできないんですよねー」と言われたら、その契約を断る勇気も時には必要です。

やはり、創業時は少しでも契約が欲しくなります。

契約金額が少ない場合ならまだいいかもしれませんが、取引金額が大きくなると資金繰りへの影響が大きくなります

また、確実に回収できる取引先ならまだしも、取引金額が大きい取引先の経営状況が悪化した場合は、連鎖倒産の影響を受ける可能性も高まります。

当事務所は、顧問契約先の売掛金回収は翌月末ですが、顧問契約のないスポット年一決算の場合は前金を頂戴しています。

契約も欲しいところですが、自分の首を絞めないためにも、ポリシーを持って断る勇気も時には大切です。

こういったお金に関する交渉は勇気がいることかもしれません。

取引先に嫌な顔されるかも、と不安にもなります。

ですが、今後も取引先と良好な関係を築いていくためにも、本音で本気でぶつかっていくことも大事です。

その熱意必ず伝わりますよ!

まとめ

取引先が倒産したり、自社の商品やサービスにクレームを入れてきた場合には売上金の回収ができない可能性があります。

また、これまでに取引がないお客様なら、お金を払わずにとんずらする可能性もあります。

業種や状況にもよるでしょうが、資金繰りを円滑にするためにも、なるべく早く売掛金を回収できるような仕組みを作ったり、取引先と交渉をしてみることをオススメします。

税理士 涌井大輔事務所は夢を持って創業される経営者様を応援しています!

今日もご覧いただきありがとうございました。

群馬県太田市の【ワリとフランクな税理士】涌井大輔でした。

 運営:群馬県太田市のワリとフランクな税理士事務所:税理士 涌井大輔事務所

《対象エリア》
群馬県…太田市・伊勢崎市・桐生市・みどり市・前橋市・高崎市・館林市等群馬全域

埼玉県…本庄市・深谷市・熊谷市

栃木県…足利市・佐野市・宇都宮市

※税理士 涌井大輔事務所はクラウド会計で遠隔支援も行っております。
 その他地域についてもお気軽にご相談ください。
※日本政策金融公庫や銀行融資支援のご相談たくさん頂いております!

 

創業融資なら日本政策金融公庫がオススメ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
税理士 涌井大輔事務所の代表税理士。 群馬県太田市在住。 経営支援を通じて、働く人達の笑顔と元気を増やす事に生きがいを持つ、わりとフランクな税理士。お客様直接対応に命を懸ける。 日本政策金融公庫を中心に、創業融資支援では『高確率&低金利&スムーズ』を実現し、お客様から高い評価と支持を得ている。 筋トレ、読書、経営話、ミスド、スタバ、笑顔、ワイン、哲学好きな隠れ情熱男子。判断基準『楽しいかどうか・やりたいかどうか』
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© ワリとフランクな税理士 涌井大輔-群馬県太田市 地域密着 , 2017 All Rights Reserved.

タップで今すぐ電話!相談無料!