涌井大輔のプロフィール

目次

  1. 税理士 涌井大輔のプロフィール
  2. 税理士になるきっかけ(少し長いです)
  3. 私の夢
  4. このサイトで伝えたいこと
  5. 最後にプチ情報

1.税理士 涌井大輔のプロフィール

  • 起業家
  • 税理士
  • 経営コーチ
  • ファイナンシャルプランナー
  • 会議ファシリテーター
  • 応援士
  • 情熱家

2.税理士になったきっかけ

私は、もともと税務会計は苦手中の苦手。

もっと言うと「嫌い」の部類でした。

人と関わりコミュニケーションを取るのが好きで、答えの無いことを考えるのが好きな哲学男子

いわゆる超文系」の私にとって税務会計は何か無機質で冷血人間が関わる領域のように感じていたのです。

 

さらには、税理士と言ったら、キン肉マンに出てくる「アシュラマン・レイケツ」のような人だと勝手に思っていました。

冷血

今思えば、なんて視野と価値観の狭い人間だったんだろうと。。。

 

逆に、好きなことや得意なことは、「どうやって経営を盛り上げていくか」を考えること

会社勤めのときから「売上を上げる」、「業務の効率化」、「働きやすい職場作り」、「楽しい会議」など、どうやったら経営がより良くなるかなと考えてばかりいました。

さらに、「どうやったら仕事が楽しくなるか」「人材が活躍する職場ってどんな職場か」というように、『人材が生き生きできる場』の事を勉強したり考えたりすると、ともてワクワクします

人が笑ったり、喜んだり、元気になっている姿を見るのがとても好きなのです。

そんな、どちらかというとウォーミーな私が税務会計というレイテツ(レイケツ)な世界にどっぷり浸かるなんて思いもしませんでした。

 

社会人の洗礼を受けた20代前半

東京の大学を出た私は、地元群馬に戻り「地域密着」というウォーミーなキーワードに惹かれ地域金融機関に就職。

大学時代呑気にバンドばかりやっていた私は、世の中にどのような仕事があるのかも把握しないまま就職活動をしました。

金融機関を選んだ理由は「何となく安定していそうだし、他の業種は良くわからないから」。

この安易な考えは、新社会人の私を容赦なく地獄の底へと突き落とします。

 

地獄に行く

学生気分の抜けない私を待っていたのは、ハードワーク&ハードパワハラ非常に熱心な上司の手厚いご指導の日々

私が新卒の頃はまだまだ、サービス残業当り前の時代でした。

それに加え、自覚はなかったのですが、恐らく学生気分の抜けない私が呑気でマイペースということもあって、厳しさをより敏感に感じていたこともあるでしょう。

末っ子日本代表の私に、周囲の人達もいらついていたのはわかりました。

上司をイラつかせながらもマイペースでいた私は我ながら大物だ。

経営者になる人間はこのくらいじゃないとね、と今は超ポジティブに考えていますが

 

ただ、誤解の無いように言っておきますと、金融機関に新卒入社してから会計事務所に転職するまでの間10年勤め、金融機関で培った経験や人間関係は、ビジネスマンとして今の私を形成しているのは間違いなく、感謝することは沢山あります

ビジネスマナーや営業、融資のイロハを学びましたし、多くの経営者様とリアルにビジネストークをしたのは貴重な財産になっています

また、営業で新規先に飛び込んで契約になったり、懇意にしてくれるお客様が増えてきたときの喜びは格別でした。

小さいお子様にもなつかれた方だと思います。

もちろん、モチベーションがガタ落ちになった時期や、人間関係で悩んで嫌になったこともあります。

毎日のように「公務員になりたい」とか「ハワイで働きたい」と逃避行をしていたときもあります。

でも、その経験があったからこそ「状況を打破する思考」や「セルフコントロール」の力がついてきたのだと自分では思っています

しかし、そんな私でも最初の1年は、今考えても得るものは無く、私の精神的レベルが低かったために、つらい思い出しか残っていません。

ただ、今となっては幸いにも当時のつらい感覚は思い出せませんが。。。

たしか、同期の半分くらいは入社1~2年で辞めていた気がします。

自分の財産になったといえば反面教師といったところでしょうか。

半面教師

 

いやいや、反面教師も貴重な財産ですね。

今思えば、職場の方達に悪い人はいなかったと思います。

ただ、営業ノルマや会社の悪しき習慣などが職場の雰囲気を負へと導き、そこにいる人達まで負になってしまっていたのでしょう。

結局その空気を作り出すのは人ですが。

そうだ

とはいえ、当時の私は、いわば恋愛経験ゼロのウブな少年のような心、極薄ガラスのメンタルの持ち主でした

撫でるだけで割れてしまう薄氷のハートは私にこう叫びました。

このままでは潰れる!

私はハートを守るために、瞬間的にこう切り返しました。

「そうだプロミュージシャンになろう!」

現実逃避わくい

 

夢破れ無気力となったドン底20代中盤

社会人になってからのプロミュージシャン志望

現実逃避とも思えるこの考えに、親はもちろん大反対。

しかし、私の中では音楽は小さい頃からずっと身近なものであり、あまり遠い夢とも思っていませんでした。

末っ子日本代表の私は、プロミュージシャンで成功する、と本気で考えていました

また、大学卒業してからも続けていたバンドは当時の自分にとっては生きがいでもあり、心の精神安定剤でもあったのです。

勝ち目のない家族会議の末、週末起業ならぬ「週末アーティスト」として休日は都内で練習&ライブという生活を続け、肉体的にはハードながらも精神的安定感を手に入れた私は何とか退職をせずに済みました。

売れないながらも、自主製作でCDを作ったり、ライブハウスで物販をしたり、どうやってお客さんを盛り上げようかとライブの演出を考えたりするのは至福の時間

自分のアイデアをバンドメンバーに伝えて大盛り上がりして、既に大物アーティストになった気分になったりもしました。

ロック

自分やチームで何かを作り出して、お客様に喜んでもうらおうとした経験は、現在の仕事にも大きく影響していると感じます

(学生時代は体育会系の私でしたが、団体スポーツではなく個人スポーツだったので、チームの一体感や喜びを感じられるスポーツを羨ましく思っていた経験がフトよみがえってきました)

バンドが上手くいくことで仕事にもやる気が出てきました。

しかし、私の鎧が吹き飛ぶ程のみなぎるやる気は、バンドメンバーがある一言を放った日を境にゼロ、いやマイナスに転じるのでした。

 

彼女が妊娠した

バンドメンバーの1人である男性ベーシストが、彼女をハラマセタため、いわゆるオメデタ婚(当時はできちゃった結婚)をするとのこと

妊娠

バンドあるある」がとうとう我がバンドにも来たかと。

メンバー会議の結果、

 

「どうなるかわからないけど、とりあえずはバンド続けていこう」

当時のわくい

となりました。

彼も正社員で働いていなかったこともあり、このままの生活をしながらバンドを続けていくのは難しいだろうとは感じていました。

ですが、このことをきっかけに、

「待てよ、ということは、はやく結果を出して売れないとね!」

当時のわくい

と逆に変にメンバー同士で盛り上がってしまい、その勢いでレコード会社やイベント関連にどんどん売り込みをするようになりました。

そのかいあってか、興味を持ってくれたレーベルが現れたり、ネットTVで曲が紹介されたり、auの着うたになったりと、

「俺たち売れちゃうかも!」

浮かれるわくい

と勘違いさせるほどの好循環が生まれ始めたのです。

(結局1円も入ってこなかった印税の契約書が今でも手元に残っています。)

しかし、そんな浮かれた時間もある事件を境に絶望の時間へと変わっていくのでした。

 

ドラム失踪事件

ダッシュ

バンドの軸を支えるドラムが失踪し、連絡が途絶えました

私はショックで寝込みました。

5年後にやっと連絡が取れ、真相を聞いてみたら、楽しくバンドをやっていたけど、バンドを取り巻く環境が加速するとともに、急にプレッシャーが強くなって辛くなったそうです。

そこまで追い込んでしまっていたのかと、申しわけない気持ちになりました。

ドラムの失踪をきっかけに、バンドは解散することになり、私の精神安定剤も完全に無くなったのです

この時26才でした。

 

自己成長に飢えた20代後半

ショックを通り越し無気力となった私は、人生の夢を失ったこの時期の記憶が皆無。

一言でいえば「マジでヤバイ」。

やばい
当時の写真や記憶が無いのですから、本当に説明ができないのです。

3か月かそこら記憶喪失になりながら、無気力に映画館や本屋を徘徊。

(今は時効だと思って白状しますが、会社には「インフルエンザにかかった」といって何日か休んだりしました)

それまで、本といえば音楽雑誌か小説くらいしか興味が無かった私。

あの人やばくない?」という周囲の視線を感じながらも、たまたま立ち寄った本屋で、ゾンビのようにフラフラしながら、全く興味のなかったビジネス・自己啓発コーナーで平積みの本を手に。

たまたまとった一冊に「道はいつで切り拓ける」的な言葉が書かれており、脳天をガツンと揺さぶられた私は、それまで全く興味の無かったビジネス・自己啓発系の本を月に30冊は読むようになりました。

(よく、本のタイトルは何ですか?と聞かれるのですが、脳天揺さぶられたこと以外記憶が無いのです。この本を買ったのかも覚えていません。)

ここからのクダリは長いので、別途記事にしていこうと思っていますが、とにかく何気ない事がきっかけでゾンビが勇者(レベル1)の状態になったのです。

この時のことをきっかけに、「何気ないところにチャンスはある」という考えを持つようになりました。

それからというもの、ひたすら、ひたすら、仕事、趣味、健康、人間的・精神的成長を求めて勉強や新しい体験に没頭しました。

 

結局何をしていいかわからなくなった30才

加速

ゾンビ(人)は変わったかのようにチャレンジ精神が旺盛、以前よりも少しは謙虚になり感謝の気持ちを持てるようになりました。

行動力も我ながら半端ないなと思いながらも、一方でこんな気持ちが強くなりました。

 

結局自分は何がしたいの?

 

一生懸命勉強や大量行動をする一方で、明確な目標がなかったためにフワフワした気持ちは強い不安となり、強烈なストレスにもなりました。

その、ストレスをかき消すかのように、新しい勉強や経験に没頭する。

この循環はいつまで続くのだろうと、また不安になる。

めちゃめちゃアクセルふかしているけど、ギアがニュートラルで進んでいない感じ

固定資産の耐用年数だけが経過して経費にはなるが収益は生まない

一言でいえば「マジでヤバイ」。

やばい
3年近くこの禅問答は続きました。

自分は今ここにいるのに、ひたすら自分探しの日々。

他人から見れば「スゴイ、頑張っているね!」と、見られたりしたけど、実際はあまり中身のないタレントのタマゴのアナザースカイ状態。

明確な答えを出せずに生活していた時、人生の転機となる2つの出来事が訪れます。

 

簿記と横柄な税理士と私

金融機関に勤めていると、嫌でも多くの社内試験や勉強が待ち受けます。

中でも一番苦手な勉強だったのが「簿記」。

恥ずかしながら、社内試験の初級簿記に最初は落ちました

正直レベルは簿記3級の10分の1くらいだったのではないでしょうか。

仕訳の意味がわからず、何のために簿記をやるのかわからず、面白いとも思わなかったのですが、会社の昇進には必要なので勉強しました。

嫌々始めた社内試験用の簿記ですが、著名な経営者の方達が「経営をするなら簿記3級を学べ」と本や雑誌の中で述べているのをみて、ミーハーな私は、「そんなスゴイ人達が揃って言っているんだから、この流れで簿記3級を受験しよう!」と簿記3級の勉強を始めたのでした。
(ちなみに、ここから私のTAC一途の関係が始まりました)

 

簿記3級

ちょうどその頃、仕事の方では、事業性融資を担当していたので、経営者の方とお話する機会が頻繁にありました。

決算の話は必然と出ますし、顧問税理士の話もたまに話題になりました。

当時、私は税理士がどんな仕事をしているのか正直理解してませんでした。

ですが、多くの経営者の方が、「税理士に怒られる」、「税理士が相談に乗ってくれない」、という話をしていました

融資には試算表が必要なケースが多くあります。

お客様があまりに怒られるというので、お客様の同意を得て私から税理士に試算表の依頼をしたら、声が裏返るほど激怒されたという経験が実際にありました。

ただ、直近の試算表がほしいと言っているだけなのにです。

私の対応はいたって普通、いや、かなり慎重に丁寧にお話をしたと思います。

私の上司も対応しましたが、上司もなぜ激怒されているのか理解できませんでした。

(結局、激怒の理由は最後までわかりませんでした。)

ご自身が仕事していないのを隠すかのように激怒したのか、余計な口出しをするなということだったのか、その方が特殊な方だったのかはわかりませんが、正直税理士にいいイメージは持ちませんでした

(おそらく、たまたま特殊な人に会ってしまったのだと思いますが。)

その後、気になって税理士に関することをよくよく調べてみると、税務会計のプロということだけでなく、経営者の7割以上が「経営の相談相手は税理士」と回答しているアンケートを見ました。

当時の私が知る範囲での税理士は、素人目から見ても経営の相談をできる人ではなく、むしろ経営の阻害をしていると感じていました。

病院に点滴を打ちにいったら、ゆっくり毒を注入されているような感じです

毒を注入されているのに、医者にお金を払い、かつ「ありがとうございました」とお礼を言っている意味のわからない状況みたいな印象

言いたいことを言いたい放題言って世の中やっていけるのは「細木数子氏と大前研一氏だけ」です

不安定なメロディーラインを歌って許される(歌いこなせる)のはドリカムだけです

この時、許せない気持ちや、様々な気持ちが沸点に達しました。

%e6%80%92%e3%82%8a

 

もともと経営者様と話をするのが好きだった私は、「簿記も始めたし、乗りかけた船だ!だったら自分が相談に乗れる税理士になろう!」とこの時決意をしたのです。

今もそうですが、私はなんてノリで生きてきたんだろうと思います。

私の師匠は3才児です!

税理士わくい

この決意は固く、嫌で嫌でしょうがなかった簿記の勉強も、税理士試験を始めた時にはバンドで夢を追っていた時のようなアツイ気持ちに

塞翁が馬

嫌々始めた簿記と横柄な税理士との出会い」という、何とも言えない奇跡のハーモニーとタイミングが重なり、税理士涌井大輔の誕生のきっかけとなりました。

例えるなら【-100×-100=+10,000】状態です。

マイナスとマイナスをかけたら超プラスになりました

アインシュタインもビックリの完全な科学反応です。

嫌々どころか大義名分、貢献心まで出てきてしまいました。

「嫌」と「イヤ」を掛け合わせると、未来が明るくなるという、超絶アンビリバボーなことってあるんだ、と世界が楽しくなったような気がしました。

人生何がきっかけで変化するかわからない良い事例かと思います

また、物事の捉え方、考え方、行動次第で状況は変わることも学びました

 

ここでも誤解の無いようにお伝えしておくと、その後私の転職先となる税理士法人に勤務していた税理士の方々、社員・スタッフの方々に横柄な方は一切いませんでした

むしろ、人として尊敬のできる素晴らしい人達でしたし、仕事の仕方も一流でした。

私が退職する時も応援してくれましたし、今後も勉強させて頂きたいと思っています。

わかったことは、どの業界でも横柄な人は横柄だということです。

 

3.私の夢

私の夢は中小企業の経営支援(税務会計、資金調達、経営コンサルティング、コーチング)を通じて、働く人たちの笑顔と元気を一つでも多く増やしていくことです。

 

元気で明るく、働く事に夢と生きがいを持てるハッピーな大人が増えれば、子供たちも大人っていいな、働くっていいな、未来は明るいなと感じてくれると考えています

年配の方たちも、そんな姿をみれば安心して老後を過ごすことができると思います

日本経済のベースを支える中小企業に関わる方達の笑顔と元気が増えれば、太田市、群馬県、日本、世界も明るくなると本気で考えています。

言うは易く行うは難し」ですが、言わないと始まらないし、誰にも伝わらない

子供心を持った大人代表の一人として、微力ながらコツコツ夢に向かって進んでいきたいと思います。

ちょっと大きいことを言っていますが、これまで働いてきた経験の中で、自分が関わった人達が笑顔になることで、自分自身の心がとても満たされてきました。

ホンネを言うとただ自分が満たされたいというだけなのかもしれません。

それでも、周囲の人たちの笑顔あっての私の満足というのはずっと変わりません。

 

4.このサイトで伝えたい事

頑張る経営者を応援」をテーマに情報提供していきます。

 

税務会計や経営に関する事(業務改善、効率化、業績アップ、人材育成、企業研究など)、コーチングを中心にお伝えしたいと思います。

また、「わかりやすさ」と「仕事に活かせる」、「元気になる」、「楽しむ」を意識した情報提供と独自の見解を盛り込んでお伝えしていきたいと思います。

国税庁HPやノウハウ本を見ればわかることはあえて記事にしません。

ただ、個人的に重要だと思うことは記事にすることもあると思います。

なるべく、経営者の方や起業を考えている方にとって有益になるような情報提供を心がけます。

経営や人間関係、人生に正解はありません。
私の見解に反対意見などありましたら、ぜひ気軽にメッセージいただけたらと思います。
共感していただける方も喜んでお待ちしております。
必ず返信いたします。

プラスアルファとして、太田市、群馬県を中心としたグルメやその他オススメ情報、ビジネスを中心とした読書情報などを記事にします。

結局なんでもアリのような感じですが、方向性としては「仕事」×「楽しい」のスピリットでいきたいと思います。
当サイトを訪れて、仕事を楽しみ元気な大人が一人でも増えたら幸いです。

 

5.最後にプチ情報

  • 生年月日⇒1980年3月22日生まれ
  • 出身⇒群馬県太田市出身&在住
  • 学校⇒N大学法学部 メタル学科
  • 性格⇒真面目、誠実、穏やかな情熱家、ワリとフランク、トゥシャイシャイboy時々目立ちたい、以外に行動派、時々落ち込む
  • 趣味⇒音楽、ギター、ビジネス系読書、ジョギング、散歩、筋トレ、まったり
  • マイブーム⇒パン屋巡り、公園巡り、工場見学(予定)
  • 好きなもの⇒笑顔、チャレンジ、リラックス
  • 苦手⇒自分勝手な人、横柄な人、ネガティブの極み
  • 大切なもの⇒人間関係、成長する意欲、素直な心
  • 好きな言葉⇒ありがとう、諦めない、成長、夢、自由

中小企業経営のご支援を通じて、

少しでも経営者の方、そして働く方達の笑顔と元気に関わりたい、

それが私の想いであり喜びです。

どうぞ、どうぞ、お気軽にご連絡ください。

 


⇒代表涌井大輔のプロフィールはこちら

⇒涌井大輔税理士事務所の経営理念はこちら

⇒事務所の特徴はこちら

⇒お客様からご支持頂いている理由はこちら

⇒事務所アクセスマップはこちら

 

タップで今すぐ電話!相談無料!