超緊密コミュニケーション型税理士事務所!

群馬県太田市のワリとフランクな税理士事務所

高確率&スピーディー!公庫・銀行融資サポート!詳しくはコチラ!

融資調達を当事務所に依頼する5つのメリット

融資調達を当事務所に依頼する5つのメリット

融資調達について、当事務所に依頼するメリットは主に5あります。

1.資金繰り表の作成サポート

資金繰り表を作成は、資金がいつ・どのタイミングで必要になるのか、またどのタイミングで設備投資をすべきかなど、的確な経営判断を行うために有効です。

また、融資を受ける際には、金融機関に対して「ちゃんと返済できますよ」という説明をする書類の提出が求められます。

それが「資金繰り表」であり、資金の流れを把握するためにも非常に重要な書類となります。

2.事業計画書の作成サポート

また、資金繰り表で資金の流れを把握するほか、収支計画も併せて提出が求められる場合もあります。

それが「事業計画書」です。事業計画書は未来予測ではありますが、根拠に基づいた数値計画ですので、ご自身のビジネスの利益構造をしっかりと把握していることが必要となります。

「資金繰り表」と「事業計画書」は融資のみならず、ビジネスを継続させる上で非常に重要なものでもあります。

⇒事業計画書作成の重要性

3.金融機関のご紹介

お客様の状況・金融機関の状況により融資条件は異なってきます。

金融機関出身のプロが、最も適切な金融機関の選定を行います。

4.適切な融資プランのご紹介

融資制度は日本政策金融公庫をはじめ、銀行、信用金庫、信用組合、国や県、市の制度融資など多数存在し、お客様の状況により適切な制度は異なってきます。

融資に関する知識が無いと、金融機関の言われるがままの融資プランになる可能性もあります。

金融機関で様々な融資経験のある専門家の判断で最も適切な融資制度を選定・ご紹介いたします。

5.銀行に刺さる決算書の作成

金融機関は、「金融検査マニュアル」に基づき企業の「決算書」を基に企業を「格付け」し、融資額および融資利率、返済期間などを決定しています。

私が金融機関で融資を担当していた時は、おもて向きの決算書だけで判断することなく、金融機関独自で決算書を修正する「修正財務」を作成して、「格付け」を行っていました。

そのあたりの裏事情や、現在も人脈を生かした融資情報等も当事務所では常に仕入れております。

「格付け」の評価が悪ければ、希望額での融資を受けられないどころか、融資そのものを受けることができないということもございます。

当事務所では「銀行に評価される決算書」の作成も行っております。

さらに、当事務所が作成する決算書であれば、信用保証協会付き融資の信用保証料率を引き下げることも可能となっております。

融資に有利な「中小企業の会計に関する指針に基づく決算書」についてはこちら

まとめ

融資は慣れていないと、何をしていいのか、どこで借りたらいいのか、どういう借入プランがいいのか、などわからないことだらけなのが実情だと思います。

当事務所ならお客様に最適なプランのアドバイスをすることが可能です。

初回のみ無料相談を実施しておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

[su_divider style=”double” divider_color=”#6307db” link_color=”#6307db”]